家政婦の話し相手サービスが高齢者に人気??

家政婦というと、「掃除や料理をしてくれる人」というイメージがあります。近年では、共働きが一般的になり、家事の負担を軽減させるために、家政婦を依頼する家庭も珍しくありません。

高齢者向けに見守りや付き添いなど、介護が付随したサービスを提供している家政婦・家事代行業者も増えてきました。家政婦の介護サービスの業務内容の中でも、「話し相手」が高齢者にとって大きな支えとなっているようです。

どのような人が、話し相手として家政婦を必要としているのでしょうか。また、話し相手サービスにはどのような魅力があるのでしょうか。

スポンサーリンク

家政婦の話し相手サービスって?

話し相手は、特別なスキルや資格が必要ないため、高齢者のケアサービスとして提供している家政婦・家事代行業者がほとんどです。
ときには、囲碁や将棋など依頼者の趣味を一緒に楽しみながら、話し相手をすることもあるといいます。

「話し相手になるだけ?」と思われるかもしれませんが、体力的に頻繁に外に出かけることが困難になってしまったり、独居で家族と会える機会が少なかったりと、話し相手が近くにいないことで、さみしい思いをしている高齢者にとって、家政婦はとても大きな存在となりえるのです。

話し相手がいないというのは、とても孤独です。足が悪く出歩くことが難しい高齢者は、家でひとり一言も発することなく過ごしている場合もあるかもしれませんよね。
たった1時間でも、人は会話や笑顔を交わす相手がいるだけで、心が満たされるものです。

基本的に、話し相手サービスは、それだけを依頼するというよりも、他のサービスにプラスで依頼します。

家政婦の話し相手サービスの利用者はどんな人?

家政婦に話し相手を依頼する人には、どのような事情があるのでしょうか?

遠方で暮らす高齢者の身内が心配な家族

高齢者の身内と離れて暮らしており、たびたび様子を見に行ったり、話し相手になることができない家族の方から依頼されることがあります。
親が独居していると、寂しい想いをしていないか、防犯面は大丈夫か、体調を壊していないか、など心配になることも多いですよね。

日常生活で話し相手がいなくて孤独な高齢者

家族と一緒に住んでいても会話がない、外に出歩くことができないため話し相手がいない、といった高齢者からも依頼があります。

2世帯住宅であっても、1階と2階で住居スペースを分けていることもあり、家族との会話が希薄になりさみしい思いをしている高齢者もいるようです。また、中には老人会に参加しても話が合う人がおらず、行くことをやめてしまい、話し相手に困っている人もいるといいます。

一人暮らしで身寄りがなく話し相手がいない人

身寄りのない独居の高齢者の孤独死は増加傾向にあります。
頼りにできる人がいないというのは、とても心細いですよね。独居で話し相手がいない寂しさを埋めるために、テレビを相手に会話をする人もいるといいます。
そんな高齢者にとって、定期的に訪問してくれる家政婦は、心のよりどころとなることでしょう。

スポンサーリンク

家政婦の高齢者向けサービス内容はさまざま

家政婦・家事代行サービスでは、独居老人問題をうけて、高齢者の身体的・精神的な負担をサポートするようなさまざまなサービスを提供している業者が増えています。
話し相手のほかに、どのような高齢者向けサービスがあるのでしょうか?

介護

家政婦・家事代行業者には、介護サービスを依頼ができる場合は多いです。しかし、医療行為や看護行為など免許が必要となる介護行為はできないので、依頼の際は注意しましょう。

家政婦・家事代行サービスで行える介護は、食事のサポート、トイレや着替えの世話、タオルなどで体を拭く清拭などです。家政婦の介護サービスでは、自分ひとりで行うには不自由な簡単な身の回りのお世話をしてくれます。

買い物代行

脚や腰を悪くしている高齢者にとって、歩行はとても大変な運動です。まして、買い物となると荷物を運ばなくてはならないため、体力的にも負担が大きくなってしまうでしょう。

生活するには、食材や日用品の買い物は欠かせないので、代行してくれる人がいるととても助かりますよね。

付き添い

通院や入退院などの付き添いサービスです。
入退院となれば荷物も多いですし、移動中も心細くなってしまうものです。付き添いの人がいるだけでとても安心ですよね。
忙しくて付き添えないという家族も、家政婦に依頼することで心配が減ります。

見守り

おじいちゃんやおばあちゃんの家での様子を見守り、遠方で暮らしている家族へ報告するサービスです。
また、認知症の方を昼夜見守ったり、泊まり込みで高齢者が夜間徘徊などをしないように見守ることもあります。

庭掃除

草むしりや掃き掃除など、庭掃除をしてくれるサービスです。
屈むことが辛くなり、庭の手入れができなくなってしまった高齢者から好評のサービスだといいます。夏場の外仕事は、熱中症など命に関わる場合もあり危険なので、できるなら家政婦に任せた方が安全ですよね。

掃除や料理など家事

もちろん家政婦なので、掃除や洗濯、料理など基本的な家事業務も依頼できます。
高齢になると、高い所の掃除や屈む必要のあるトイレ掃除などは特に大変になりますし、立ちながらの料理に苦労することも多いですよね。

億劫な日常的な家事も家政婦にサポートしてもらうことで、気持ちにゆとりが生まれるでしょう。

業者によっては、プランによって対応できるサービスが決まっているプラン制の場合や「見守り+料理+話し相手」など必要なサービスを組み合わせて依頼できる場合もあります。

高齢者向けの家政婦・家事代行サービスには、話し相手が含まれている場合がほとんどです。

どんな家政婦さんが来てくれるの?

家政婦・家事代行サービスを依頼する時に、「どんな人が来るのか」心配になる人も多いのではないでしょうか。
知らない人に家の中の仕事をお願いするわけですから、心配になるのも当然のことです。

家政婦紹介業者に登録している家政婦のほとんどが、各社でしっかりと研修や教育をされている家事のスペシャリストです。また、家政婦になる人は、人と接することが好きな人が多いため、コミュニケーション能力も高い傾向にあります。

家政婦紹介業者のさくらケアでは、家政婦のプロフィールを作り、ファイリングして案内をしてくれるので、事前に家政婦の人柄が分かりやすいです。担当者が、家政婦一人ひとりの特性をしっかりと把握して、マッチングしてくれるため安心して依頼ができます。
もちろん相性もあるので、「この家政婦さんとは合わないな」と思ったら、変更してもらうことも可能でしょう。

スポンサーリンク

高齢者向けサービスのある家政婦紹介業者のさくらケア

さくらケアの家政婦は、身体介護と家事サポートを区別なく提供しています。さくらケアに登録されている家政婦の多くは、ヘルパー2級、初任者研修以上の資格を持っているので、高齢者のお世話も安心して任せることができる点が魅力です。
介護事業者だからこその強みといえるでしょう。

さくらケアは、単発利用より泊まり込みの見守り介護など、長時間の利用の方がお得な料金設定になっています。そのため、単発よりも長期的な利用が必要な高齢者には、おすすめの業者です。

上質で温かみのあるサービスを提供してくれるさくらケアなので、きっといい話し相手にもなってくれるでしょう。

家政婦・家事代行サービスは高齢者におすすめ

高齢者の家政婦・家事代行サービス利用は、高齢者の身内を持つ家族の安心につながります。高齢者自身も家政婦がそばにいることで、心配や不安が軽減されることでしょう。話し相手ができたり、身体的な負担が軽減されることで、こころにも余裕がでてくるはずです。

高齢者やその家族が、安心して日常生活を送るためにも、さくらケアのような介護が付随した家政婦サービスを利用してみてはいかがでしょうか?