江戸川大学で社会学を学んだらどんな仕事にいかせるの?大学の評判を調査!

こんにちは。
私の友人は大学時代に社会福祉主事任用資格を取得して、今は高齢者福祉施設で働いています。
日々忙しそうですが仕事にはやりがいを感じているみたいです!
大学では社会学を学んでいたとのこと。社会学って幅が広いので就活の時は選択肢が色々あって進路に迷ったこともあったみたいです。
社会学を学んだらどんな仕事にいかせるのでしょう?
今回は社会学部がある江戸川大学の評判についても調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

江戸川大学について


画像引用:江戸川大学|TOP

江戸川大学は千葉県に設立された2学部6学科の総合大学です。
大学の強みは、国際教育と情報教育を含めた基礎・教養教育、学部学科の専⾨教育、少⼈数ゼミナール⽅式教育で、学生一人ひとりをしっかりサポートしてくれるところなのだとか。
まずはどんなことを学べる大学なのか、学部・学科から見ていきたいと思います。

学部・学科

江戸川大学には「社会学部」と「メディアコミュニケーション学部」の2学部が設立されていて、それぞれ3学科ずつ学科が分かれています。

〈社会学部〉
・人間心理学科
・現代社会学科
・経営社会学科
〈メディアコミュニケーション学部〉
・マス・コミュニケーション学科
・情報文化学科
・こどもコミュニケーション学科

キャンパス

江戸川大学は千葉県の駒木という場所にキャンパスがあります。
緑が多く広々としたキャンパスでのびのびとしたキャンパスライフが送れます。

画像引用:江戸川大学|キャンパスマップ

また、こちらの360°キャンパスビューでは、Googleマップのストリートビューで実際にキャンパス内を歩いているかのように画像を見ることができますよ♪
⇓⇓⇓
https://www.edogawa-u.ac.jp/about/guidance/campus360.html

江戸川大学の社会学部には3つの学科がある

江戸川大学には「社会学部」と「メディアコミュニケーション学部」の2学部で学ぶことができるとのことだったのですが、
今回は「社会学部」に焦点を当てていきたいと思います。
先ほどにもあったとおり、社会学部では「人間心理学科」「現代社会学科」「経営社会学科」の3学科のうちどれかを専攻することができます。
まずはそれぞれの学科について何が学べるのか紹介します♪

人間心理学科

心理学は幅広い分野に及んでおり、心の基本的な働きのしくみを探求する「基礎心理学」、心がどのように成長・変化するのかを研究する「発達心理学」、心の病が生じる原因とその治療・支援方法について検討する「臨床心理学」、人と人との関わり合いに関係する心のしくみを探る「社会心理学」などがあります。

江戸川大学人間心理学科では、心理学の各分野についてしっかりと基礎を学び、自らの興味や志向に合わせ、3年次には専門分野を選択することができます。

【専門ゼミ内容】
・公認心理師コース…国家資格である公認心理士の取得を目指し学ぶ
・心理調査師、実験コース…教養心理学コース内容と心理学の専門家に求められる調査や実験を行うための知識やスキルを学ぶ
・教養心理学コース…標準的基礎知識とスキルを学ぶ

現代社会学科

社会学は、人と人、人と家庭・地域・学校・企業などの組織等、人間同士の関係について研究する学問のことを言います。
そのため社会学と言っても、社会現象やシステムを扱う分野、世界の諸民族の共通点や多様性を探る分野、環境をキーワードとする分野など様々です。

江戸川大学の現代社会学科では、地域社会(ひと)、資源(モノ)、制度(しくみ)の3つの視点から現代社会を捉えるための基礎的な知識を学びます。また、フィールドワークを通して調査力を身につけ、諸課題の解決に向けて主体的に取り組む力を身につけることができます。

【専門ゼミ内容】
・文化人類学・民俗学ゼミ
・観光学・地域再生ゼミ
・環境学・自然保護ゼミ
・博物館学・文化遺産学ゼミ
・レジャーレクリエーションゼミ
・スポーツ社会学ゼミ

経営社会学科

経営学は、「組織の効率的な運営を研究する学問」のことを言います。
例えば「どうすれば売上高を最大化できるのか」「少ない費用で売上高を大きくするには?」のような問いへの答えについて、効果的な方法や要因、法則性を、科学的に探求する取り組みが経営学となります。そして経営学を学ぶことは、組織運営に伴うさまざまな問題・課題を解決する力を身につけることともいえます。
経営学はさまざまな「組織」で応用できる力を身につけられることができます。
また、江戸川大学の経営社会学科では2年次から専門ゼミを選択することができます。

【専門ゼミ内容】
・企業経営コース
・会計・金融ビジネスコース
・ファッション・音楽ビジネスコース
・スポーツビジネスコース

スポンサーリンク

江戸川大学で社会学を学ぶとこんな仕事にいかせる

社会学部で学べることについて説明しましたが、社会学部では自分の興味や志向に合わせて
社会学の様々な切り口から学問を学べるところが魅力だなと思いました(*’ω’*)
では実際に社会学を学んだ江戸川大学の学生はどんな進路に進んでいくのでしょうか。
学科別にみていきます。

人間心理学科の進路

人間心理学科では、中学校教諭一種免許状(社会)をはじめ社会福祉主事(任用資格)、認定心理士(心理調査)などの資格を取得することができるので学校教員や福祉関連などの進路に進むことができます。

画像引用:江戸川大学|人間心理学科

現代社会学科の進路

現代社会学科では中学校教諭一種免許状(社会)や学芸員の資格を取得することができますが、
国内旅行業務取扱管理者、総合旅行業務取扱管理者などの資格取得を推奨しています。専門ゼミで選択したコースに関連した分野で活躍できるので進路の選択肢は幅広くあります。

画像引用:江戸川大学|現代社会学科

経営社会学科の進路

経営社会学科でも中学校教諭一種免許状(社会)や学芸員の資格を取得することができますが、日商簿記検定3級やビジネス会計検定試験3級などの資格取得を推奨しています。将来の進路としては経理や財務担当等、金融関連の仕事などがあります。

画像引用:江戸川大学|経営社会学科

江戸川大学在学生の評判が気になる!

江戸川大学社会学部で学べることや、いかせる仕事についてみていきましたが、やっぱり実際に江戸川大学に通う学生の評判が気になります。
特に就職に関しての評判はいかがなものなのでしょうか?

受験生や保護者のための大学情報サイト「みんなの大学情報」から江戸川大学社会学部の就職状況についての口コミを見ていきます。

就職率はかなりいい方だと思います。回りの友達などもアドバイスしてくれたので本当に良かったです

就職率は調べてもらえばわかる通り、ほとんど100%という数値をキープし続けています。先生方や生徒一同一丸となって頑張っていけます。

資格をとると学校側からボーナスが出たりなどど、充実している、また教諭になりたい人のためのコースがあったりなどかなり充実している。

一人一人と面談をしてくれる。また、わからないことや心配なことを伝えたら親身に相談に乗ってくれた。

現代社会学科は、サービス業界、旅行業界、スポーツ、環境、自治体といった様々な企業に就職する人が多いようです。キャリアセンターの対応は、担当者によって様々ですが、学生の要望に応じた企業を探してくれます。早めにキャリアセンターに行くことで、担当者も様々な情報を提供してくれると思います。

引用:みんなの大学情報|江戸川大学

この評判を見ると、就職率が良く、学校の就活に対するサポート体制も充実してそうです。
先生方が手厚くサポートしてくださるのは心強いですね!

スポンサーリンク

江戸川大学で社会学を学ぶと幅広い分野で活躍できる


江戸川大学社会学部ではどの学科でも自分の興味や志向に合わせて学べるのが魅力的でした!

社会学は幅広い分野だからこそ将来やりたいことがパッと浮かばない学生でも、興味のある分野を突き詰めていくうちにやりたいことが明確になっていくのではないでしょうか?
また、江戸川大学の就職に関する評判も良く真面目な学生さんたちが多い印象を受けました。

今回は江戸川大学の社会学部の進路と評判について調べていきました!
この記事が大学選びなどで悩んでいる高校生や保護者さんの参考になれば幸いです(*’ω’*)