ペット(犬)が誤飲した時の対処法!飼い主が事前にできることとは?

こんにちは。
最近友人がペットを飼い始めたという話をしましたが、まだ5ヶ月のパピー犬なので好奇心旺盛で寝てる間に大量のティッシュを誤飲してしまったそう…!

反省してるのか元気無さそうにぐったりしてたので対処法も分からず動物病院に連れて行ったところ、お婆ちゃん先生が「しばらく放っておけばそのうち出てくるから大丈夫よ!💩」と言って、家に帰って様子を見ているとティッシュで固められたティッシュウンチが見事に出てきたらしく安心した~と言っていました(笑)
夜には食欲も戻りすっかり元気になったようで、私もほっとしました~(*‘0‘ *)

調べてみるとペット(犬)の誤飲は結構起こり得ることだそうで、普段から飼い主さんが気を付けてあげることで確実に誤飲リスクを減らすことができるといいます。

人間も同様ですがペットの誤飲も生死に関わることで、もしもの時の対処法を知っておいて損はないと思ったのでこの機会に色々調べてみました!

スポンサーリンク

ペット(犬)の誤飲の危険性とは?もしもの時の対処法を事前に抑えておく!

食べ物以外の異物を誤飲してしまう危険性は、好奇心旺盛なパピー犬だけでなく、成犬や老犬も同様に起こり得ることです。

床に溜まったホコリや髪の毛、ゴミ袋、ティッシュ、トイレシーツ、電池、クッションや布団の中身、洋服のボタン、洗剤、殺虫剤、ボディクリーム、さらには犬用オモチャとして販売されているぬいぐるみのプラスチックでできた目や引きちぎられたシッポなど、飼い主の想像を超えてくるあらゆるものを犬達は平気で口にしてしまう可能性があるのです。

中には、保冷剤を誤飲し腎障害や低カルシウム血症が起こったことによる死亡例もあるそうなので、飼い主さんは日頃から徹底して注意しておかなければなりません。

万が一、愛犬の誤飲を発見した場合、まずは動物病院に電話し獣医師に相談することが大切です!
早め対処で異物を吐き出させることもできるので、近くの動物病院を把握しておき、すぐに電話を掛けられるように電話帳に登録しておくなどしましょう。

ペットの誤飲を放置し異物が腸へと流れてしまうと最悪の場合「開腹手術」を行わなければならず、愛犬の体に大きな負担をかけることになります。
また、腸閉塞を起こしてしまうと命に危険が及ぶので事が起こる前から適切な対処法を知っておく事が重要なのです!

誤飲の疑いがある際に注意しておきたい、ペットの行動11選

飼い主の外出中や就寝中、ちょっと目を離した隙きなどにペットが異物を口にしていたら“ウンチが出るまで何もしないで待ってても大丈夫なの??”と心配になりますが、すぐに症状として現れるものとそうでないものがあるそうなので、誤飲の疑いがある場合まずは落ち着いて愛犬の様子を観察することが大切です。

具体的にペット(犬)が誤飲を起こすと以下のような症状が見られます。

  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 血便便秘
  • ゲップや咳が頻繁にでる
  • 震えている
  • ぐったりとしている
  • そわそわと落ち着かない
  • よだれが出る
  • 呼吸が荒くなる
スポンサーリンク

落ち着いて行動しよう!ペットが誤飲をした時の対処法

愛犬が誤飲をしてつらそうな様子だと不安になりますが、事前に対処法を知っておくことでいざという時に落ち着いて対応することができます。

上記で紹介した誤飲後の症状に当てはまっていたり、何かいつもと様子が違うな?と感じたらまずは慌てず、発見した時間や誤飲したと思われる異物を回収もしくは写真に収めるなど、獣医師に的確に伝えられるように備えておこくことが大切になります。

また、病院へ行く前に獣医師に電話で相談しておくと状況に応じた適切な対処法を知ることができます!

例えば、ティッシュ(少量)の誤飲や小さいボタンなど食道や胃壁に突っかからない、刺さらない形状の異物であれば、ウンチとして数時間後(もしくは翌日)に出てくる可能性が高いため、しばらくはペットの様子を見守ることも1つの対処法になります。
(※獣医師相談の元で行うのが好ましいとされます)

愛犬の誤飲を発見後、すぐに応急処置ができれば開腹手術や内視鏡手術をすることなく異物を取り出せるかもしれないので、何か異変が起こり、どう対処すればわからない場合はとにかく素早く獣医師に電話相談しましょう!!

また、みんなのどうぶつ病気大百科にて、たばこや画びょう、漂白剤など誤飲物別の対処法が載っているので参考にしてみてください!

ペット(犬)の誤飲を防ぐため、小さな命を守るために飼い主ができることとは?

ペットの誤飲を防ぐために日頃からできる対処法をご紹介します。

ゴミ箱はフタ付きを選んで誤飲を防ぐ*

ゴミ箱やゴミ袋を漁って誤飲するケースは少なくありません。
普段ゴミ漁りをしない愛犬でも、ストレスが貯まっている時や遊び足りない時、生ゴミなどの強いニオイなどを感じればゴミ漁りをする可能性があります。

そのためゴミ箱はフタ付きのものを選び、ゴミ袋は愛犬の目が届かないような場所に置いておきましょう。

粘着クリーナーでこまめに掃除しゴミを誤飲させない*

ペットに誤飲をさせないために、家は常に清潔に整理整頓しておくことが好ましいです。

とはいえ毎日掃除機をかけるのは面倒いというのが主婦のホンネだと思います。でも粘着クリーナーなら手軽にコロコロとホコリや髪の毛を絡めとってくれるので家掃除には必須アイテムですよね。

私はアイムのフローリング共用粘着クリーナーを使ってますが、本当にフローリングでも畳でもペターってくっつかずにゴミを取ってくれるので掃除が早いしデザインもかわいいのでおすすめです!

うちなんてペットいないのにストックは常に補充するほど毎日掃除に欠かせないアイテムです(笑)

床に貼りつかない強粘着シートマルチタイプ|楽天市場

あと気になったのが抗菌仕様の粘着クリーナー。使わない間も本体を清潔に保ってくれるそうです!

どちらもシート交換部分がスパッと切れる作りになっていてノンストレスなので体感して欲しいです~

楽天Yahoo!ショッピングで購入できますが2,000円以上購入でお試し品1袋プレゼント(2021年11月末日まで)してくれるみたいですよ!

ちなみに11月からはマルチタイプと抗菌シートが数量袋限定(なくなり次第終了)で1袋分送料無料みたいですね!送料無料って主婦には嬉しい響きです♫

留守番中は野放しせずサークルに入れて誤飲を予防*

飼い主さんの外出中を狙ってイタズラをする犬は多く、入浴中なんかも意外とキケンな誤飲タイムです!

そのため、飼い主さんの目が届かない時間帯はサークルに入れておくと安心ですね。

犬用のオモチャでも油断しない*

犬用オモチャでも、誤飲してしまう可能性があるので油断禁物です。

ぬいぐるみの目や鼻、シッポなどは噛み続けていると取れてきてしまいます。
また、飲み込めてしまうサイズのボールなどもキケンです。

ひとりきりで遊ばせることは避け、必ず飼い主さんの目の届くところで遊ばせましょう。

危険物は高所に置き誤飲を予防*

床に置いた鞄や充電器、テーブル上の食べ残しなど、犬が誤飲してしまう危険性のあるものは犬が届く場所には置かないことが大切です。

犬にとっては毒物である「玉ねぎ」や「チョコレート」はそれぞれ溶血性貧血を引き起こしたり、消化管を傷つける可能性があるので絶対に犬の目線には置かないようにしましょう!

「しつけ」の徹底で拾い食いも防止させる*

しつけはペット(犬)の命を守るためにとても大切な項目です。
日頃から飼い主さんが訓練しておくことで誤飲や拾い食いも防止できます。

道端で拾い食いしないように飼い主さんが与えたもの以外は食べてはいけない訓練をしたり、「待て」「ちょうだい」を覚えさせる事ができれば、拾い食いや誤飲をとっさに阻止できるようになります!

スポンサーリンク

犬に誤飲させてはいけない危険な食べ物とは!?

ペットは大切な家族の一員ですが、食べるものまで同じにしてはペットの寿命を縮めることになります。
例えば犬の体は脂っこい食べ物に弱く、下痢や嘔吐などの不調を引き起こしやすい生き物です。
人間にとっては栄養効果の高い食べ物であっても犬にとっては有毒な食べ物がたくさんあるので、犬が避けるべき食べ物をここで紹介します。

犬が誤飲すると危険な有毒食物① 玉ねぎ、ニンニクなどのネギ類

玉ねぎやネギ、ニンニク、エシャロット、ニラなどのネギ類は犬にとって超有毒食物です。
ネギ類には犬の赤血球にダメージを与える物質が多く含まれているので誤飲すれば胃腸炎や貧血などの症状が表れます。

また意外にも、玉ねぎよりニンニクに含まれる成分のほうが5倍も犬にとって有毒みたいです!

ネギ類を誤飲した時の症状は、元気がなくなったり、筋力の低下、赤みを帯びた尿などがあります。
しかし誤飲してから数日後に症状が現れることもあるので、誤飲してしまった場合はよく愛犬を観察してあげてください。

犬が誤飲すると危険な有毒食物② チョコレート

チョコレートも犬が誤飲したらいけない食べ物としてよく知られていますよね。
犬に与える毒性はカカオ成分の量によっても異なりますが、濃度が濃いほど犬にとっては有毒です。
誤飲後の症状としては下痢、嘔吐、発熱、痙攣、不整脈、元気がなくなる等ですが、場合によっては死に至るケースもあるそうです。

またカカオには犬にとって有毒なカフェインやテオブロミンが高濃度で含まれているので、カフェインが入った飲料の誤飲も大変危険です。
飲みかけのコーヒーを安易にテーブルに置きっぱなしにしないようにしましょう。

犬が誤飲すると危険な有毒食物③ キシリトール

犬がキシリトールを誤飲してしまうと低血糖や急性肝不全を引き起こしてしまう可能性があり、場合によっては死に至ることもある危険な食べ物です。
症状としては誤飲後数分~数時間以内に、嘔吐や痙攣、協調運動失調などの症状が表れます。

愛犬がキシリトールを誤飲したときにできる対処法はかかりつけの獣医師に相談する他ありません。
たとえ少量でもキシリトール中毒を起こすことがあるので注意しましょう。

犬が誤飲すると危険な有毒食物④ ぶどう、レーズン

2001年頃ぶどうやレーズンを摂取した犬が揃って急性腎不全を起こすという事件が起こったそうです。その後も同様の被害が世界各地で報告されており、このことからぶどうやレーズンは犬にとって有毒な食べ物であると飼い主の間で広まり、中には食べても問題ない場合もありますが、腎不全を引き起こす犬もいるので与えてはいけない食べ物の1つとして認識しておきましょう。

ぶどうやレーズンを誤飲してから12時間以内に元気がなくなったり、嘔吐や下痢、排尿の減少または増加といった症状が表れた場合は直ちに獣医師へ相談してください。

急性腎不全になれば3~4日で死に至る場合もあるので、飼い主がきちんと誤飲させない環境を徹底しましょう。

犬が誤飲すると危険な有毒食物⑤ アルコール

犬は私たちの体とは異なり、アルコールを分解する酵素を持っていません。
犬にとって有毒なアルコールが分解されないまま長時間体内に残り続けると体中のさまざまな機能を低下させ、脳にも悪影響を与えてしまいます。

症状としては、嘔吐、痙攣、筋肉の振戦、見当識障害、発熱などがあります。

アルコール中毒がみられた場合にも獣医師相談のもと適切な治療をしてもらいましょう。

犬が誤飲すると危険な有毒食物⑥ その他(乳製品、マカダミアナッツ、アボカドetc.)

牛乳やヨーグルト、チーズなどは健康のため与える飼い主も多いと思いますが、問題なのは摂取量です。
乳製品を与えすぎると消化器系の不調を招き、下痢を起こしやすくなります。

マカダミアナッツも体に良さそうですが、犬にとっては有毒で体の麻痺や筋力低下、協調運動失調といった症状が表れるので注意が必要です。

アボカドにはペルシンと呼ばれる成分が含まれており、これは犬にとっては猛毒で、嘔吐や下痢、痙攣、かゆみ、充血などの症状が表れる可能性があり、胃の不調を引き起こしてしまいます。

“犬の誤飲は死と隣り合わせ”という意識に変え、人間の食べ物は基本的に与えないようにしましょう。犬に与えていいか迷ったら獣医師に相談してくださいね。

ペット(犬)が誤飲をした時の対処法【まとめ】

今回はペットが誤飲した時の対処法や与えてはいけない危険な食べ物についてまとめました。

愛犬の誤飲は突然、予期せぬ時にやってきます。
特に子犬は好奇心旺盛ですし、興味があれば誰彼構わずガブガブしてしまうものですので
飼い主さんが日頃から注意しておくほかに誤飲を防ぐ手段はありません!

「家を清潔にする」「しつけをする」「犬の目が届く場所に危険物を置かない」など

飼い主さんも愛犬も安心して過ごせる環境を整えておきましょう!