脂肪溶解注射って?太ももにしたらどれくらいで効果が出てくる?

脂肪溶解注射とは?太ももにしたらどれくらいで効果が出てくる?

突然ですが、学生時代に部活動や運動をしていて筋肉が脂肪へと変わってしまったという経験ありませんか?
私も実は学生時代は運動部だったので、太ももの筋肉が結構あったんですよ。
しかし、社会人になって運動から遠ざかるようになってからはどんどん脂肪に変わっていったんですよね……

そこで見かけたのが「脂肪溶解注射」です。
太ももや気になる部分に注射をすると部分痩せができるんだそうです。

では、どれぐらいやったら効果が出るものなんでしょうか?

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは、ペプチド複合体が配合されている注入剤です。
ペプチドはアミノ酸がつながった構造物で、脂肪の分解促進と合成の抑制をする効果があるといわれています。

しかし、脂肪細胞を破壊するわけではありません。
脂肪細胞を小さくしていくため、副作用も比較的軽いんだそうですよ。

この脂肪溶解注射は「プロストロレーン インナーB」と呼ばれています。
脂肪吸引よりも手軽にできるので、今注目されている医療ダイエットなんですよ!

太ももへの脂肪溶解注射はどれくらいで効果が出る?

脂肪溶解注射と呼ばれる医療ダイエットは、除法型ドラッグデリバリー機能というものがあり、体の中に注入されたペプチドは徐々に放出されていきます。
それは2週間かけて体に広がっていくため即効性はないのですが、効果は徐々に出てくるそうです。

ただし、1回の注射ではあまり効果は出ないそうで継続していくことで効果が実感できるとのこと。
太ももの場合も、効果が出るまでに3~4回は注射をする必要がありそうです。

脂肪溶解注射の副作用

先ほど「脂肪溶解注射は副作用が比較的軽い」と書きましたが、副作用がないわけではありません。
いったいどんな副作用があるんでしょうか?

注射した箇所の内出血

注射した部分が内出血を起こすことがあるそうです。
個人差はありますが、注射から1~2週間で内出血は消えていくとのこと。

太ももだったら丈の短いものを履かなければ問題なさそうですね。

注射した箇所の腫れ・痛み

針で注射をするので、腫れたり痛みが出たりする場合もあるみたいですね。
しかし、症状は軽度のものが多いようです。

こちらも1週間程度でおさまることがほとんどとのこと。

また、このような症状とは異なる症状が出た場合には、すぐに医師に相談しましょう。

体質や疾患で脂肪溶解注射を受けられない人もいる?

実はこの脂肪溶解注射、太ももなどの部位に限らず施術を受けられない人もいます。
次に当てはまる人は施術を受けられません。

・妊娠中あるいは授乳中の人
・心臓・肝臓・甲状腺機能・糖尿病などの疾病を患っている人

上記以外の疾病がある人なども医師が施術をできないと判断する場合があるため、受ける前には必ず医師に相談をしましょう。

脂肪溶解注射だけでは太ももは細くならない?

脂肪細胞を小さくしてくれる脂肪溶解注射ですが、これだけで太ももが細くなるわけではありません。
適度な運動や偏食の改善なども同時に行わないと、効果が出にくくなってしまいます。

また、1本の脂肪溶解注射を体のいたるところに少しずつ注入しても効果は出づらいのだそうです。
1本を1箇所、2週間に1度のペースで注入することが望ましいといわれています。

太ももを細くしたいなら脂肪溶解注射と運動の組み合わせが大切?!

太もも痩せを目指すなら、ストレッチをして血行を促進して硬くなった筋肉や脂肪を柔らかくほぐすことがポイントとなります。
また、短期間で効率よく太もも痩せをするには有酸素運動と筋トレを合わせることが良いそうです。

しかし、日頃から運動習慣がないと毎日継続するのは難しかったりしますね…。
前述に脂肪溶解注射のみでは効果が出づらいと書きましたが、毎日運動を継続するのが難しいのであれば、食事に気を使いつつ脂肪溶解注射と運動を適度に組み合わせることで太もも痩せが実現しやすくなるのではないかと思います。

やはり、ここは美と医療のプロに相談してみるのも良いかもしれません…!

太もも痩せしたいなら脂肪吸引も良い?

脂肪溶解注射による太もも痩せはコツコツ型であることがわかりました。
ですが、一気に太もも痩せしたい方もいらっしゃるだろうということで、脂肪吸引についても説明したいと思います。

脂肪吸引とは、皮下脂肪を特殊な吸引管を使って取り除く手術のことを言います。
エステやジムでのダイエットの場合は痩せるまで何度か通わなくてはなりませんが、脂肪吸引の場合物理的に脂肪を除去するため、気になる部位を一度で細くすることが可能となります。

しかしながら、脂肪吸引は「手術」となるので麻酔や術中に痛みを感じることもあるそうです…。
クリニックによっては痛みの少ない方法での脂肪吸引も行っているところもあるそうなので一気に太もも痩せしたい方は脂肪吸引の方が良いでしょう。

脂肪溶解注射が向いているのはこんな人!

脂肪溶解注射は太もも等の下半身だけ痩せにくい人や脂肪吸引や切開に抵抗がある人に向いているダイエット方法です。

太もも等の下半身は「むくみ」が発生しやすい部位の為、通常のダイエットでは痩せにくい場所と言われています。
また、手っ取り早く部分痩せする方法として上でも言った脂肪吸引や脂肪除去のような手術によるダイエットもありますが、それらは術中も術後も痛みを伴います。

その点、脂肪溶解注射は冷却麻酔が行われ、注入部位を冷やして痛みを感じにくくするので、あまり痛みを感じることなく進めていくことが出来ます!

とはいえ、脂肪溶解注射は身体全体や広範囲の痩身には不向きである上に内臓脂肪には効果を発揮しないダイエットになります。
脂肪溶解注射を行う際は、自身の身体と向き合いながら、しっかり決めたほうが良いかもしれません…!

太ももや二の腕の脂肪溶解注射を受けられるクリニックは?

脂肪溶解注射について書いてきましたが、実際に受けられるクリニックはどこなんでしょうか?
いくつか紹介してみようと思います。

渋谷DSクリニック

渋谷駅新南口から徒歩5分のところにある渋谷DSクリニック渋谷院。

痩身医療に関しては15年という実績のある、ダイエット専門のクリニックです。

ここでは「プロストロレーン インナーB」という脂肪溶解注射を行っています。
プロストロレーン インナーBは太もも以外にも二重あごや二の腕、お腹、脇腹などの気になる部位に施術が可能です。

初回体験の場合は1パーツ税抜き8,000円となっています。
まずは無料カウンセリングから受けてみましょう。

渋谷DSクリニックWEB予約フォーム

また、渋谷の他に銀座にもクリニックがあります。

秋葉原スキンクリニック

秋葉原駅電気街口から徒歩5分にある秋葉原スキンクリニックでは、一般皮膚科と美容皮膚科の診療を行っています。

脂肪溶解注射は美容皮膚科の方になり、渋谷DSクリニックと同様に「プロストロレーン インナーB」を取り扱っています。
料金は1本だけの場合、初回は20%OFFで税別24,000円です。
その後は1本税別30,000円~となります。

秋葉原スキンクリニックでは多忙でクリニックへ行けない人でも受けられるWEBカウンセリングを行っているので、詳細は公式サイトで確認してください。

秋葉原スキンクリニック

YOUクリニック

外苑前と表参道のちょうど中間あたりにメディカルスキンケアYOUクリニックはあります。
どちらも徒歩7分で着きます。

こちらも「プロストロレーン インナーB」による脂肪溶解注射を行っています。
料金は1本28,000円です。
税抜き価格とは特に記載されていませんでした……

また、YOUクリニックでは「プロストロレーン インナーB」のほかに「BNLS neo」という脂肪溶解注射も取り扱っています。

なお、WEB予約は対応していないので、電話で予約する必要があります。
プロストロレーン インナーBとBNLS neoの違いも記載してあるので、公式サイトを見てみるといいでしょう。

メディカルスキンケアYOUクリニック

ダイエットは一朝一夕ではいかないものですが、部分痩せは女性の悩みでもあります。
とにもかくにも、カウンセリングの予約をしてみようと思います。